ムリョウで学校

パソコン初心者のための講座 >> CDドライブとDVDドライブの選び方

CDドライブとDVDドライブの選び方

CDとDVDに詳しくなったところで、いざそれを使える装置(ドライブ)を購入することになりました。あなたは何を基準に選びますか?『価格』!と聞こえてきそうですが、安物買いの銭失いにならないために、賢い購入の仕方を学びましょう。

今ではDVDドライブさえあれば、DVDはもちろんのことCDの読み書きも可能になっているんだよ。
だからね、CD-RドライブやCD-RWの購入を考えているのであれば、DVDドライブの購入をお勧めします。

ポイントは、DVDには規格があるということです。DVD-RやDVD+Rといわれるものです。-(マイナス)や+(プラス)やらなんのこと?って感じですよね。
どちらが良いのかは、賛否両論なのでここではどっち‥とは言いませんが、
ドライブを選ぶ際に、どちらの規格でもOKというものを購入してください。マイナスしか対応していない‥とかプラスしか対応していない‥となると、後々買い足すなんてばからしいでしょっ♪

また先に、ご家庭用のDVDレコーダーをお持ちであれば、それに対応しているかどうかがポイントになります。せっかくパソコンで編集して作ったのに、家庭用のレコーダーに対応していなかった‥というのでは悲しすぎます(>_<)
各メーカーにお確かめになってからが良いと思いますよ♪わからない場合は購入先もしくは、メーカーに問い合わせてみましょう。

価格の目安として、単純にDVDが読み込めて、書き込みが出来ればよいというのであれば、
DVDR/RWドライブ(プラスマイナス対応)で十分です。一番お求め安い価格でもあります。

ただ、DVD-RAMにも対応したい!という人は
DVDスーパーマルチドライブがお勧めとなります。残念ながら価格はお安いとはいえないです。
初心者さんはそこまでこだわらなくてもいいような気がします。
DVD-RAMとはフロッピーディスクのような使い勝手で、書き換えが10万回まで対応しています。(DVD-RW・DVD+RWであれば、書き込み回数は1000回対応と言われています)ですので、何度もバックアップを取るような企業の方などにはお勧めしますが、基本的には通常のDVD-RW・DVD+RWで十分だと考えます。安ければお勧めしますが(笑)

この情報は 役に立ったよ! という人はクリックして応援してねっ



パソコン初心者のための講座 一覧へ戻る


【ムリョウで学校 トップページに戻る】



SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO