ムリョウで学校

パソコン初心者のための講座 >> 文字の入力方法と改行方法

文字の入力方法と改行方法

まず最初に入力の練習をしましょう。

代表的なMicrosoft Word(マイクロソフト ワード)は文章を入力するのに適しています。
ワードを使って練習してみましょう!

Wordを画面上に準備しましょう。(
『起動』といいます)

『スタート』『すべてのプログラム』『Microsoft Word』と順にマウスを移動させてクリックしてくださいね。

うまくいかないよぉという人はマウス操作を復習しましょう。
※2003の人の操作はこちらです→『スタート』『すべてのプログラム』『Maicrosoft Office』『Microsoft Word2003』の順でクリックしてください。

文字を入力するのにポイントとなるのが日本語言語バー(IMEツールバー)です。
IMEツールバー
IMEツールバーがない人はこちらを参考にしてね!

ツールバーに表示されているのがひらがなの『あ』になっていることを確かめてから、文字入力を始めましょう!アルファベットの「A」だったり、カタカナの「カ」など他の文字であれば、マウスで文字をクリックして、「ひらがな」を選択してね。

最初に『あ』を入力してみましょう。
ローマ字入力がわからない人は、ローマ字入力早見表を参考にどうぞ >>

手順1 手順2
ひらがなの『あ』をキーボードで
入力してみましょう。


画面上では文字の下に
点線表示が現れます。

これはまだ確定していないよ!
漢字やカナに変更できるよ!
ということをあらわしています。


右の傍線はカーソルといって
鉛筆に例えるとペン先にあたります。

よってカーソルのある位置から
文字が入力されるわけです。
キーボードのエンターキー
押しましょう。



下線の点線表示が消えて、
文字が確定されました。

続けて『いうえお』と入力してみましょう。
手順3 手順4
改行するには、
(行を下の行に移動します)
まず改行したい場所に
カーソルがあること

確認してください。

現段階では、「あいうえお」と
入力したので
『お』の右隣に
カーソルが点滅しているはずです。


キーボードのエンターキー
押しましょう。



下の行にカーソルが移動しました。

同じエンターキーなのに、文字を確定したり、改行したりします。どうしてぇ〜☆となった方は、じっくりカーソルに目をやってみてくださいね。

違いはなにかというと、文字を確定する前は、文字の下に線が表示されていると思います。それは、点線だったり、変換キーもしくはスペースキーを押していると、実線が表示されます。

改行の時は、文字が確定された後になるので、カーソルが点滅しているだけで下線はありません。

でもね〜これもよぉ〜く見たら…というわけで、そのうち慣れるので気にしないでね!!

この情報は 役に立ったよ! という人はクリックして応援してねっ



パソコン初心者のための講座 一覧へ戻る


【ムリョウで学校 トップページに戻る】



SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO